猫エイズの症状とかかってしまったときの治療法|人間にうつるの?

スポンサーリンク

 

エイズと聞くと人間がかかる病気だと思われがちですが、実は猫にも「猫エイズ」と呼ばれる病気があります。ただ人間と同じような部分もあれば異なる部分もあるので、もしも愛猫が感染してしまった場合には正しい知識を持って治療に臨む必要があるのです。




スポンサーリンク

猫エイズとは

 

そもそも「猫エイズ」とは何かというと、正式名称は「猫後天性免疫不全症候群」と言います。ネコ免疫不全ウイルス(FIV)によって引き起こされる症状の総称を指しています。

 

主に血液を媒介とした接触感染や母猫の胎盤を経由する垂直感染の2種類の感染ルートが確認されています。ちなみに接触感染は人間と同じように交尾での体液による感染もありますが、猫の場合は主に喧嘩による傷からの感染が多いようです。

 

また人間の場合はエイズにかかると死に直結すると考えられているのですが、猫エイズの場合は緩やかに症状が進行していくのですぐに死んでしまうという病気ではないと言われています。それでも免疫不全を起こしてしまうので様々な症状や病気を引き起こしてしまうリスクが高く、そこから死に至ってしまうリスクに注意が必要です。

 

猫エイズの症状

猫エイズの症状は主に3段階で進行していくとされていて、「急性期」「無症状キャリア期」「エイズ発症期」と分類されています。

 

急性期

まず感染初期である急性期は、感染してから1か月前後で風邪や下痢、リンパ節の腫れなどの状態がみられるようになります。ただ感染した猫全てが発症するわけではありませんし、風邪や下痢はほかの病気でも見られる一般的な症状です。そのためこれだけでエイズに感染したと飼い主が判断するのは難しいですが、これらの症状が1年から1年半ほど続くのでその点でおかしいと思ったら検査をする必要があります。

 

無症状キャリア期

そして無症状キャリア期とは猫の体内にあるリンパ球の中にウイルスが潜伏している状態の時期を指していて、この時期になると急性期に見られたような症状が落ち着いてきます。さらにウイルスが攻撃をやめてしまうので特定の症状が出るというわけではなく、むしろ何の症状も起こさなくなってしまうところが大きな特徴です。

 

このため一見すると病気が治ったように見えてしまうので飼い主も油断しやすく、そのまま放置してしまうケースも少なくありません。さらにこの時期は一般的に4年から5年は続くと考えらえているので急性期のことを忘れてしまう飼い主も多いですし、長い場合は10年以上無症状キャリア期が続いてしまう猫もいるようです。

 

ただし無症状キャリア期はウイルスが大人しくリンパ球に潜伏しているわけではなく、静かに免疫に関する機能を担っているリンパ球を破壊し続けています。その結果、気づいた時には免疫機能がほとんど破壊されてしまって免疫不全となってしまうのが猫エイズの恐ろしいところだと指摘されているのです。

 

エイズ発症期

こうして猫の体内のリンパ球を破壊し終えた後に、ようやくエイズが発症します。

 

そうなると歯肉や歯周組織などの口の中の炎症や細菌感染によって起きる口内炎や口の中の潰瘍口臭よだれなどの口の中の病気を発症しやすくなるのです。猫エイズでは口の中に起きる疾患が代表的で、猫エイズにかかったおよそ半数以上の猫がこれらの症状を起こしていると言います。

 

ほかにも体重減少下痢、嘔吐風邪を引きやすく治りにくいダニや真菌などの日和見感染皮膚炎食欲減退や脱水なども引き起こしやすくなるようです。

 

いずれも免疫力が低下または不全状態になってしまったことで起きているもので、普段であれば短期間で治療できる症状でも長引いてしまう傾向がみられます。




猫エイズの治療

 

このように段階を追って様々な症状を引き起こす猫エイズは、残念ながらウイルスを死滅させるなどの根本的な治療が確立されていません。

 

そのため主な治療は対症療法が中心となっていて、猫エイズによって引き起こされた病気の治療や抗菌薬・抗真菌薬の投与が行われます。またネコインターフェロンによる免疫力の補助を行ったり、症状が進行して貧血がひどくなった場合には輸血が行われる場合もあるのです。

 

ほかにも極力ストレスを与えないような環境を整えたり、栄養状態を安定させて抵抗力や体力を身に着けさせることが重要だと言われています。

 

あとはウイルス感染を拡大させたり再度感染しないように完全室内飼育を徹底したり、多頭飼いしている飼い主の場合は感染していない猫に対するワクチン接種も重要な治療対策の一つだとされています。同時にこれらの対策は感染予防にもつなげられるので、自分たちが飼育している愛猫がまだ感染していないのであれば早めに対策をしておくのがおすすめです。

 

人間に感染する?

そして猫エイズの名称で気になるのが、人間に感染する病気なのかどうかという点です。

実は猫エイズの原因であるネコ免疫不全ウイルス(FIV)は猫にしか感染しないウイルスなので、人間にうつることはありません。そのため愛猫が猫エイズになってしまったとしても飼い主にうつる心配はないので、安心して治療に専念できます。

 

まとめ

愛猫がエイズに感染! 飼い主さんにとってはとても辛いことですよね。じつは私の愛するシロちゃんもエイズ陽性です。野良ちゃんだったシロちゃんを保護した際にいろいろ検査をしてわかりました。やはりショックでした。

 

なるべく元気な期間が長く続くことを祈って、免疫力が落ちないように、餌や環境、ストレスを与えないなどとても気をつけて育てています。

愛情をたっぷり注いで愛猫との一日一日を大切に過ごしましょう。