猫ちゃんの抜け毛の悩み|どうしたらいいの?

スポンサーリンク

 

 

猫ちゃんの抜け毛で困っている飼い主さん多いですよね!

 

春と秋の毛が抜ける季節。この時期には、部屋の中じゅうにふわふわの猫ちゃんの毛が舞い飛び、絨毯や衣服に大量の抜け毛が付きます。

 

掃除機やコロコロでも取るのが大変だったり、抜け毛を放置することによってノミとかダニが繁殖したり・・・・猫ちゃんを飼っている方にとって、抜け毛は頭の痛い問題ですね。

 

今回は、そんな猫ちゃんの抜け毛の悩みの解決策をご紹介しましょう!




 

スポンサーリンク

猫ちゃんの毛が抜ける理由

 

換毛期

猫ちゃんの毛は基本は年中生え変わっていますが、特に季節の変わり目で一気に毛が抜けて生え変わる時期を”猫の換毛期”と呼びます。換毛期は一般的に春の始まる3月後半と冬の前の11月ごろといわれていますが、地方によっても違いがあります。(白ちゃんが住んでいる長野は寒いので、暖かくなり始める4月後半、寒くなり始める10月ぐらいからかなぁ。)

 

猫ちゃんの毛は、たいていダブルコートという二重構造。外側に”オーバーコート”と呼ばれる長めの毛、内側に”アンダーコート”と呼ばれる細くてふわふわの保温性の高い短めの毛が生えています。
毛の生え変わりが起きる理由は季節に合わせた体温調節のため。特に冬の間は寒さをしのぐため「アンダーコート」が多くなります。そしてそのふわふわの毛で冬の寒さを乗り越えて、春先になって暖かくなり始めると、保温のためのふわふわのアンダーコートが一気に抜け始めるのです。そしてスッキリした毛で暑い夏を過ごし、寒い冬が近づくと、ふたたびアンダーコートを生やすのです。

 

ダニやノミによる脱毛

猫ちゃんの毛が最も多く抜ける春から夏にかけては、ダニやノミの繁殖期でもあります。ノミが活発になるのは、5月から10月。草むらに生息しているので、外と家を自由に出入りする猫ちゃんは特に注意が必要です。
体にノミがついてしまうと猫ちゃんはとてもかゆがり、皮膚アレルギーから脱毛したり、皮膚炎や感染症を引き起こすこともあります。

病気やストレスによる脱毛

猫の毛の抜け方普段と違うなと思ったら、お医者様に相談してください。内臓やホルモン、神経の異常が原因の抜け毛もあるんです。また顔、口のまわりの毛や背中の毛が多く抜けている場合はアレルギー性皮膚炎、接触性皮膚炎の可能性もあります。円形に脱毛していたら、皮膚真菌症、皮膚カンジダ症、大小胞子菌症などの疑いがあります。

猫ちゃんはとてもデリケートな生き物で、ストレスを感じやすいと言われています。抜け毛の原因がストレスの場合もあるので、環境の変化でストレスを感じていないか、栄養のバランスがきちんと取れているかなどを気にしてあげてください。

抜け毛の対策

 

換毛期前の準備

 

室内飼いの猫ちゃんの場合、それほど換毛期に目だった抜け毛が起きないという場合もありますが、やはり換毛期の前にソファーのカバーや絨毯を毛の付きにくい生地のものに変える、ノミ取り首輪や、コロコロや抜け毛予防のブラシなどを購入しておくなど出来るだけ準備するよよいですね。

また、子猫を飼い始めたら、ブラッシングやシャンプーに慣れさせておくということも大切ですね。

 

換毛期にしてあげたいこと

猫ちゃんの体のためにも換毛期に大量に抜ける毛を猫ちゃんが飲み込む前にとってあげることが大事です。

 

ブラッシングをしましょう

 

猫ちゃんの体をブラッシングしてあげることは抜け毛対策の基本中の基本です。大量の毛が抜け落ちるため、換毛期はたくさんの毛を飲み込んでしまって毛玉を吐く頻度も多くなります。
お部屋中に舞い上がる抜け毛や衣類につく抜け毛の量を減らすためにもこまめにブラッシングしてあげることが大切です。抜け毛が家中ちらばる前に処理すれば、毛が絨毯などにからまってから掃除していらいらするより手間がかかりませんからね!

短毛種の猫ちゃんは週に一回を目安に、長毛種の猫ちゃんは、毛がからまったり毛玉ができやすいので、毎日のブラッシングを習慣にしてあげてください。

 

最近では猫ちゃん用ブラシにもさまざまな種類があります。金属のものやシリコン製、猫ちゃんの毛の長さに合わせた商品などもあります。抜け毛を取るためのラバーブラシ、ノミ取りブラシは長毛猫ちゃんのブラッシングに向いています。目の荒い腹部用、目の細かい背中用、歯の短い顔用など、猫の身体の部位別の商品もあります。

最近は、シリコンの手袋の形をしていて、優しくマッサージしながら撫でてあげることで、抜け毛も取れるという優れものもありますよ!

ブラッシングの仕方: ブラッシングを嫌がる猫ちゃんもいますが、優しくなでてあげながらブラッシングすると安心してブラッシングさせてくれることも。猫ちゃんがリラックスすると、お手入れもスムーズに出来ます。背中は、首の後ろから腰に向かって、毛の流れに沿ってブラッシングします。毛が厚く抜け毛の多い首回りや、あごから胸にかけては狭い範囲を少しずつ丁寧にブラッシングしてあげましょう。

ブラッシングは猫ちゃんとのスキンシップのひとつでもあります。定期的にすることで、体型の変化、しこりや傷にも気付きやすいので、コミュニケーションをとりながら愛情こめてブラッシングしてあげましょう。

 

私の場合は、白ちゃんの体をファーミネーターの短毛猫用でブラッシングしてあげていますが、実はファーミネーターで絨毯をブラッシングすると抜け毛が驚くほど取れるんですよ!!

 

シャンプーをしましょう

 

毛が多く抜ける換毛期には、猫ちゃんをお風呂にいれてシャンプーをしてあげると、猫ちゃんも飼い主さんもさわやかな気持ちになれるかもしれません。
猫ちゃんは元来綺麗好きで毛づくろいを自分でするので、室内飼いの短毛の猫ちゃんは、特にシャンプーの必要は無いといわれています。長毛の猫ちゃんで、汚れとか臭いが気になる場合はシャンプーをしてあげた方が良いかもしれません。ただし、猫ちゃんは基本的に水が大嫌いなので、お風呂やシャンプーを嫌がる猫ちゃんが多いです。嫌がる場合は、長毛の猫ちゃんでもシャンプーは無理をせずに、暖かい濡れタオルでふくとか、ドライシャンプーを使う、などにします。

 

シャンプーの仕方: 猫用シャンプーを用意して、水やお湯でといて薄めておきます。シャワーで体を濡らす順番は下のほうから上のほうへが基本です。頭からいきなりでは、水が嫌いな猫ちゃんがびっくりしてしまいます。私の場合、大き目の洗面器に入れた猫ちゃんの足元に30度~35度くらいのぬるま湯を徐々入れていき、猫ちゃんがお湯に慣れるよう身体を濡らしていきます。水流は極力弱めにし、シャワーヘッドをできるだけ猫の身体近づけて、最後に頭や顔を濡らしますが、耳の中には水が入らないように注意してください。

次にシャンプー液で猫ちゃんのしっぽ、下半身からお腹へ、背中からぐるっと胸の順番で指の腹を使って優しく洗っていきます。肉球や指の付け根などもていねいに。そして、敏感な顔やあごの下などは両手で顔を包み込むように支えながらそっと洗ってあげます。

 

お洗濯をしましょう

 

抜け毛の多い季節、猫ちゃんの身の回りのものを出来るだけお洗濯してあげましょう!抜け毛がついたままの毛布や猫ちゃんベッドにノミやダニが繁殖してアレルギーをおこしたり、真菌やカンジダが体に発生することもあります。

私もしばらく毛布のお洗濯をしてあげていなかったら、”白ちゃんにカビがはえちゃいますよ!!”とペットケアさんに怒られました。(一度真菌が発生して、耳の後ろの毛がぬけちゃったことがあるんです)

最近では、抜け毛が付きづらくなるペット専用の洗剤とかもありますので、毛布やベッドだけではなく、飼い主さんの衣類なども、この専用の洗剤を使うと、抜け毛がまとわりづくイライラから開放されるかもしれませんね!

 

まとめ

猫ちゃんの毛が抜ける原因はさまざまです。
猫の抜け毛が換毛期のものであれば問題ありません。しかし、病気が潜んでいる場合もあるので、ペットケアさんや獣医さんに相談してくださいね。

抜け毛の対策としては、ブラッシング用ブラシや毛が付きづらくなる洗剤など、良い商品がたくさん出来ていますので、チェックしてみてください!