カナガンの評判 | 猫のご飯に良いわけは?

スポンサーリンク

 

 

最近は大切なペットは家族の一員と考える飼い主さんが増えています。大切な家族には、出来るだけ安全で安心な品質の良いご飯を与えたいと思いますよね。

 

そう考える飼い主さんが増えるにつれ、人間でも食べることの出来る原材料を使った「プレミアム・フード」と呼ばれるペットフードが販売されるようになってきました。そんな高級プレミアム・フードの市場で、評判が高く多くの方が購入しているのがカナガンキャットフードなんです。

 

製造販売元はイギリスに本社を置く「レティシアン」という会社です。レティシアンはもともとプレミアムペットフードの正規輸入代理店をしていましたが、イギリスのペットフード専用工場と契約して人間でも食べられるヒューマングレードの原材料のみを使ってペットフードの製造をはじめました。そのひとつがカナガンキャットフードです。

 

カナガンキャットフード公式サイト↓


 

スポンサーリンク

カナガンキャットフードにした理由

 

 

猫ちゃんはもともと肉食動物なので、穀物や炭水化物などはあまり猫ちゃん体には必要なく、一番大事なのはたんぱく質であると知ってから、たんぱく質が豊富なフードを探していた時にカナガンを見つけました。カナガンキャットフード原材料の6割以上にチキンが使われているので、たんぱくがとても豊富で肉食の猫ちゃん本来の食事に近いフードなのではと思い試しに購入してみました。

 

私たち人間でも食べられほどの良質な原料へのこだわり、人工添加物や保存料・香料などは一切使わず、猫ちゃんにとって必要なものだけを使っている点など、愛するうちの猫ちゃんに与えるフードとしてふさわしい内容ですよね!

 

ネットで評判を調べてみると、カナガンのキャットフードは食べ続けていくと毛並みや毛艶が良くなるのが分かる!との口コミもあります。人間でも体が不調なときは髪がパサパサしたり肌があれたりしますよね。動物の毛並みや毛艶は、体調がとても現れやすいところです。うちの白ちゃんも、具合が悪い日が続くと毛並みや毛艶が悪くなります。

毛艶が良くなるというのは、猫ちゃんの健康状態が良い方向に改善されているという証拠ですよね!

 

もうひとつ評判が良い理由は、猫ちゃんのそれぞれの運動量や代謝に合わせて与える量を調節するだけで、どんな年齢の猫ちゃんにも合わせられるということです。 幼猫ちゃんから老猫ちゃんまでのすべてのライフステージの猫ちゃんが健康でいられることを目指して作られたキャットフードだからなんです。

 

「腹持ちが良い」のかフードの食べる量が減る・食べる間隔が空くなど、値段の割りにはコストパフォーマンスが良いと思えることも高評価のポイントのひとつです。

 

 

カナガンキャットフードの中身チェック

 

 カナガンキャットフードの原材料

 

プレミアムフードであるカナガンにはいったいどんな原材料が含まれているのでしょう?

 

乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 25,000IU/kg、ビタミンD 1,730IU/kg、ビタミンE 320IU/kg)、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

※穀物類の量が多いと猫の肝臓への負担が大きくなり病気につながります

 

この内容をみると、全体の半分以上をチキンが占めていることがわかります。動物性たんぱく質がこれだけ含まれているのは、嬉しいですね。

 

着目すべきは、肉食動物の胃腸に向かない穀類が一切含まれていない(グレインフリー)であることです。そのかわりに猫ちゃんの消化によいサツマイモなどが使われています。「腹持ちがよい」といわれるのは、このサツマイモのおかげかもしれません。うんちの量が減った気がするという口コミもありましたが、それだけ消化に良いってことでしょうかね?

 

 カナガンキャットフードの成分

 

カナガンの成分を見てみましょう!

粗たんぱく質37.00%、脂質20.00%、粗繊維1.50%、粗灰分 8.50%、炭水化物19.21%、水分7.00%、オメガ6脂肪酸2.99%、オメガ3脂肪酸0.82%、マグネシウム0.09%、ナトリウム0.36%、カルシウム1.58%、カリウム0.64%、リン1.40%、代謝エネルギー390kcal/100g

粗たんぱく質 37%というのは、総合栄養食としての基準値粗たんぱく質26%という基準をはるかに超えています!

 

 カナガンキャットフードの危険度チェック

 

猫ちゃんの体に悪い添加物や香料と原材料をリストにしてみました。

副産物、4Dミール、廃棄物とは”人間が食べることが不可能な腐った肉や豚や食べ物” 安価なキャットフードには、これらの廃棄されるべき原材料が多く使われているんですよ!

BHAやBHTは、発がん性のある酸化防腐剤。エトキシキンは、人間の食用では使用禁止されている防腐剤です。これらが一番危険な成分です。

その他は、長期的に摂取するとあまりよくない成分や原料です。

 

副産物 4Dミール 廃棄物
なし なし なし
BHA BHT エトキシキン
なし なし なし
遺伝子組み換え原料 合成着色料 人工香料
なし なし なし
ビートパルプ トウモロコシ
なし なし なし
大豆 麦系
なし なし

 

カナガンは猫ちゃんの健康を考えて、合成着色料や人口添加物は一切添加されていません!

 

 

カナガンキャットフード公式サイト↓

カナガンキャットフードはどこで買えるの?

 

カナガンキャットフードは、インターネットの公式サイトやAmazonでしか販売されていません。スーパー、ホームセンターなどの業者に卸すことによって”賞味期限が近い”や”袋に穴が開いた”などといった理由で安売りをされるなど、低品質なものが販売されないように、品質管理を徹底しているからなんです。

 

公式サイト 楽天市場 Amazon
カナガン1袋定期 3,564円 なし なし
カナガン2袋定期 6,732円 なし なし
都度購入1袋 3,960円 なし 4,968円
都度購入2袋 7,920円 なし 9,936円
送料 無料 なし 無料

 

まとめ買いや定期コースでの割り引きなど嬉しい内容です。

 

カナガンキャットフードのまとめ

 

高たんぱく、低炭水化物で栄養バランスがとても良く、添加物不使用、グレインフリー、愛猫家も納得のプレミアムフードです。評判が高いのもうなずけますね!

 

”安全で美味しいご飯は愛情のしるし” まさにその言葉どおりの、カナガンキャットフード。

あなたの猫ちゃんも試してみませんか?

 

カナガンキャットフード公式サイト↓