カナガンキャットフード|猫ちゃんに与える量ってどれくらい?

スポンサーリンク

プレミアムキャットフードとして人気のカナガンは、猫ちゃんのそれぞれの運動量や代謝に合わせて与える量を調節するだけで、どんな年齢の猫ちゃんにも合わせられることでも評判が高いです。

 

では、実際にどのくらいの量を猫ちゃんに与えたらいいの?と悩む飼い主さんもいらっしゃると思います。猫ちゃんのフードは年齢や体重によって与える量を変える必要があるんですよ。この記事ではカナガンを猫ちゃんに与えるときの量(給餌量)について詳しくお伝えしていきます。

 

カナガンキャットフード公式サイト↓


 

スポンサーリンク

カナガンキャットフードの給餌量とは

 

あなたの猫ちゃんが太り過ぎないためにはカナガンキャットフードはどのくらい与えてあげたらよいのでしょう?

ドライタイプのカナガンの内容量は1袋辺のは1.5kgです。1.5kgとは一匹の猫ちゃんで約1ケ月~1ケ月半の量です。
(生後1年に満たない子猫ちゃんから幼猫ちゃんには与える量が多くなるので約1ケ月と考えてください)

 

年齢と体重による給餌量

カナガンを一日に与える量をわかりやすく表にすると下のようになります。あなたの愛する猫ちゃんが今何ヶ月で体重はどのくらいかで、カナガンを与える量を決めていきましょう。

 

成猫の場合(生後1年以上)

体重 一日の給与量
2.5kg以下 25~35g
2.5kg~3.5kg 34~45g
3.5kg~4.5kg 45~60g
4.5kg以上 60g~

 

子猫の場合(生後1年未満)

年齢 一日の給与量
生後3週間~2ケ月以下※ 20~30g
2~4ケ月 30~55g
4~6ケ月 55g~75g
6~12ケ月 75g~

 

生まれてから1年を目安にご飯を与える量は減らしていきます。それは子猫はたくさんのエネルギーを必要とするため、ご飯の量も多く必要だからです。でも1年たった頃からは猫ちゃんの体重に合わせてご飯の量を減らしていく必要があります。

 

カナガンキャットフード公式サイト↓


 

猫ちゃんの体重管理

 

カナガンに限らず、猫ちゃんのご飯は一日に3回に分けて与えるのが最も良いとされています。一度に一日の量をあたえると与えた分だけ全部食べちゃう子もいるので気をつけましょうね!

 

たとえば一日の量が30gだった場合、一日3回に分けて与えるならば「1回のご飯で10g」です。(10gとは、わかりやすくお伝えすると、ご家庭にあるレンゲ一杯分です)ご飯を3回に小分けして与えてあげる事で猫ちゃんが太りすぎることを防止することも出来ます。

 

私たちの感覚で「10gってちょっと少ないんじゃないかしら」と感じる飼い主さんもいらっしゃると思います。でもそう思ってこの給餌量を守らずに多めにあげてしまうとあなたの猫ちゃんが肥満体系になってしまいますよ!

 

猫ちゃんは自分で体重の管をすることが出来ませんので、飼い主さんがしっかりと体重管理してあげないといけないですね。現在あなたが飼っている猫ちゃんが太り気味の場合は上の表の適正量から10%程度減らすとよいでしょう。逆にやせ過ぎている場合は10%程度増やしてあげるなど量を調整しあげて体重管理をしていくとよいですね!

 

子猫(3週間~)の離乳食として与える場合

 

母乳やミルクから離乳食にかえるタイミングってご存知ですか?猫ちゃんは生まれてから約3週間ぐらいで乳歯が生えてきますのでその頃が離乳食を始めるタイミングです。

ドライフードをそのまま与えても子猫ちゃんはまだ食べる事ができません。カナガンのドライフードを猫ちゃんの離乳食として与える際には1時間ぐらいぬるま湯につけて完全にふやかして柔らかくしてから与えてください。

 

また、カナガンにはウェットフードもあります。ウェットフードには汁がたくさん含まれていて軽いとろみも付いていますので離乳食としても適していますね。ウェットフードを与える場合には中身を細かく刻んだりつぶしてから子猫ちゃんにあげてくださいね。

 

カナガンキャットフード公式サイト↓


 

カナガン ウェットフード

 

ウェットフードって猫ちゃんは大好きでめちゃくちゃ美味しそうに食べてくれますよね。でもカナガンの缶詰って値段が高くて量が少ないんです(涙)12缶で割引適用前だと5400円もします。これは缶詰だけで猫ちゃんに必要な量をすべてえ与えようと考えると少し厳しい価格ですよね。でも猫ちゃんもドライフードばっかりじゃ飽きちゃって可愛そうだと思いませんか?

 

カナガンの缶詰にはそんな飼い主さんのお財布事情もちゃんと考えられた秘密があるんですね。それは、汁が多めでとろみがかかっているのでドライフードと混ぜて食べやすいということです。中身もチキンとサーモンのほぐし身がたくさん入っていて、これがドライフードと混ぜた際にドライと絡んで猫ちゃんが食べやすいようになっているんですよ。

 

あなたの猫ちゃんが飽きることなくご飯を楽しめるように、時々ドライフードにウェットフードを混ぜて与えてあげるといいですね!!

 

カナガンキャットフード公式サイト↓

まとめ

 

カナガンのくいつきがよいからといって、与えすぎは肥満の原因になりますのでいくら猫ちゃんが可愛くてもご飯の適正量はきちんと守りましょうね!愛する猫ちゃんの健康のためにカナガンを選んだのに、あげすぎて肥満になってしまっては意味がありませんよね。

 

猫ちゃんももっと食べたいとおねだりしてくるかもしれません。猫ちゃんのおねだり、喜ぶ顔がみたくてついついもっとあげてしまいますよね。でもそこは心を鬼にして適正量で慣れてもらう事で、健康を維持する事ができます。
カナガンキャットフード公式サイト↓