猫のご飯のベストな与え方|間違っていませんか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

新しいキャットフードに切り替える時の注意点は?

 

今まで与えたことの無い新しいキャットフードに切り替える際に気をつけなければならないポイントとはなんでしょう?

まずは7日から10日間ほどかけてゆっくりと変えてゆくということです。

それは何故かというと、急にフードを切り替えると、猫ちゃんの体が慣れないフードで消化器官に負担がかかり消化吸収をうまくできずに吐いてしまったり、下痢をおこおして便がゆるくなってしまうことがあるからなんです。

猫ちゃんの体に無理がないようにするには、今までのフードと平行して少量ずつ新しいフードの割合を増やして7~10日間ほどかけてゆっくり切り替えてゆくとよいでしょう。

 

また、フードが異なると、その重量当たりの栄養、カロリーや粒の大きさも異なってきます。それに気づかずに、今までと同じ「カップ1杯」と思って与えていたら、実は栄養やカロリーが高すぎたとか、逆に不足していて栄養が足りなかったなんてことが起こるかもしれません。

 

今まであげていたご飯よりもカロリーが低いご飯だった場合、急に低カロリーなご飯に切り替えてしまうと物足りなさを感じて猫ちゃんのストレスになることもありますよ!

 

もしも、フードの切り替え途中でこのような吐き戻しや下痢のような症状が出てしまったらどうしたらいいでしょう? 

 

そんな場合は、一度今まであげていたフードを100%に戻して、もう一回時間をかけて少しずつ切り替えてみて下さいね。それでも症状がでしまうのであれば、新しいキャットフードはあなたの猫ちゃんの体には合わないと思ってもよいでしょう。

 

※今までのフードに対して食物アレルギーの可能性があって、食事療法のために新しいフードに切り替える場合は、徐々にではなくていっきに切り替える必要がある場合もあります。そういう場合はかりつけの獣医さんと相談のうえ切り替えをしてくださいね。

 

新しいフードの食いつきが悪かったらどうしたらいいの?

 

猫ちゃんの体を思って、せっかく探して見つけたプレミアムフード!それなのに、猫ちゃんが食べてくれない!たぶん私だけでなく、他の飼い主さんも、これは悩みの種と思います。

 

でも、食いつきが悪いからといって、また他の新しいフードに切り替えたてみたり、元食べていたフードに戻したりすることで猫ちゃんは「わがままを言えば、もっと美味しいご飯を出してくれるかも!」って思っちゃうかもしれませんね。食いつきが悪くてもしばらくは続けて与えながら様子を見るのが正解です。

 

 

ごはんは一日に何回与えるべき?

 

飼い主さんが悩むポイントのひとつに、ご飯の回数がありますね。

ごはんは一日に何回与えれば猫ちゃんの体にいいの?

 

一般的に成猫のご飯の回数は1日2回と言われています。ただし猫ちゃんはちょっとずつ何回にも分けてご飯を食べたがる習性があるので、与えたご飯を残しておいて、時間がたってからちょこちょこと食べたりしますよね。

 

そのため特にドライのご飯の場合、猫ちゃんが残したご飯をそのまま置いてあげて、猫ちゃんが食べたいときに食べさせたりする飼い主さんもいますね。

 

でも、与える総量を決めずに置きえさ(いわゆる”だらだら食い”)にすると、猫ちゃんの肥満のリスクが高まってしまいますよ。(私の場合もそんな感じでしろちゃんのお腹がまんまるになってしまってんです!)1日の給与量はしっかりと量って肥満による病気発症のリスクを避けましょう。

 

特に夏場はフードを出しっぱなしにしておくと、どんどん酸化したり腐ったり傷んでしまいます。猫ちゃんの食べ残しはもったいないと思っても片付けて、次のごはんの時間にはきちんと新しいものを出してあげましょうね。

 

まとめ

ご飯を切り替えて大丈夫?一日にどのくらいご飯をあげたらいいの?

ご飯の回数や、切り替えはにはとても気を使いますよね。猫ちゃんのご飯って猫ちゃんの健康にとって、とっても大事ですから、ここに紹介したことに気をつけて ”焦らずじっくり”が大切です。