あれ!太めかな?猫の健康のためには肥満は大敵!

 

ネコの肥満はさまざまな病気の原因に 一 フードやおやつのあげすぎは要注意です。肥満ネコは今日からダイエットしましよう。

 

たぷたぷした太めのネコは、見た目には愛らしいものですが、肥満はやはり、健康を害するリスクがあります。ネコにも多く見られる糖尿病にかかる率が高まるほか、内臓脂肪や血液中の脂質が増えると心臓病、肝臓疾患、免疫力の低下など、さまざまな病気にかかりやすくなるのです。

 

おとなネコになって体ができたあとも体重が増え続けているときは、食べすきです。シニアネコの場合は、肥満が足腰の関節の負担になります。太らせないように注意しましょう。

 




肥満の原因

肥満の理由でもっとも多いのは、摂取カロリーのオーパーです。フードの量が多すぎたり、おやつをあげすぎていないか見直しましよう。

 

室内飼いだと運動不足になりやすく、避妊、去勢手術をしていると、さらに太りやすくなります。適正体重を保ち、健康を維持することが大切です。

肥満度チェック

標準体型

わきの下に手をいれると肋骨がすぐにわかる。

首から腰までが同じ幅で寸胴になっている。

 

 

太りすぎ

わきの下にてをいれても肋骨が感じられない

腰よりおなかが出ている。顔と体の間にくびれがない。

 

 

食事制限と運動でゆっくり減量させよう!

太りすぎのネコは、病気予防のためにも1日も早いダイエットが必要です。まず、ネコの体重を量り、ダイエット計画を立てます。急激な減量は危険
なので数か月かけてゆっくり減量すること。減量目標は、獣医さんと相談して決めるとよいでしよう。

フードやおやつをあげすぎていた場合は、量を見直し、毎食ごとにきちんと量って食べさせます。摂取カロリーはネコの体重1kgあたり80kcalが目安ですが、あまり運動しないネコは1kgあたり70kcalでOKです。

 




ダイエットのための遊ばせ方

 

ネコに運動をさせるといっても、イヌのように散歩に連れて行くのはムリ。おすすめは、キャットタワーなどを設置して上下運動をさせること。ネコは上下運動が好きなので、自然と消費カロリーをふやす作戦です。さらに、飼い主さんが遊んであげることが大切。ネコの集中力が続くのは5分から10分なので、10分以内の遊びを1日3回以上させましょう。

 

ヒント!ダイエット成功のためのポイント
1 目標は1週間で体重1~2%減
急な原料はダメ。数ヶ月かけてダイエットする。
2 少量ずつ、あげる回数は増やす
1日の量を4回以上に分けるとネコも満足。
3 低カロリーフードに
ネコは量があれば満足するので低カロリーでもOK
4 おやつはあげない
主食のフードだけでエネルギー量を管理する。
5 ネコに運動させる
タワーや家具の配置を工夫して上下運動をさせる。
6 飼い主がこまめに遊んであげる
毎日、おもちゃで遊んで運動させる。