猫風邪の初期症状|早目に対処が一番!

猫も人間と同じように風邪を引きます。猫風邪はウィルスなどによる呼吸器や目への感染症のことを言います。

 

この猫風邪は早めの対処が重要になりますので、諸症状を把握して対応できるようにするといいでしょう。ここでは猫風邪の原因、症状、治療法、予防法についてご紹介していきます。




猫風邪の原因

猫風邪の主な原因としては、カリシウィルスやヘルペスウィルスなどのウィルス感染です。ウィルスはこれらだけではなく、不特定のウィルスで風邪を引き起こす可能性もあります。

 

感染経路としては飛沫感染をするため、風邪を引いた他の猫から感染するという経路が多いです。猫が集団を形成していると、集団内で感染が拡大する傾向にあります。その場合は慢性化する可能性が高く、治ってもまた風邪を引くということが起きます。

 

ただし、他の猫との接触が少ない家で飼っている猫も、猫風邪を引くということは少なくありません。すでにウィルスを持っていて、免疫力が高いと発症しないものが、免疫が低下したタイミングで発症してしまうことが原因になります。

 

人間から猫への感染はほとんどありませんし、猫から人間への感染もほとんどないです。しかし、ウィルスがクラミジアの場合は猫から人間へも感染しますので、注意が必要です。また、猫風邪を引いてしまったら、その猫は隔離する必要があります。他の猫へも感染してしまうからです。




猫風邪の症状

次に猫風邪の初期の症状ですが、発熱、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、結膜炎、角膜炎、口内炎、声のかすれなどが挙げられます。それぞれの詳しい症状を紹介していきます。

 

発熱

発熱は平均体温38度の猫が、39度5分を超える体温になったとき起きていると考える症状です。ただし、猫の体温を家で測ることは難しいので、体温が高いなと感じたら動物病院で測ってもらう方がいいです。

 

くしゃみ 鼻水

くしゃみはいつもよりも回数が多い時に風邪を疑うといいでしょう。また、風邪の時のくしゃみは鼻水を伴っていることが多いです。次にその鼻水ですが、猫風邪の初期の鼻水は水っぽいものになります。その後に黄色や緑のどろっとしたものになり、次第に固まっていきます。

 

ただ猫風邪が慢性的になると、水っぽい鼻水が続くことがあるので注意が必要です。いつも鼻水がでない猫が鼻水を垂らしていたら、風邪の可能性があります。

 

鼻詰まりはこの鼻水が固まって詰まってしまうことできおきます。これにより鼻が鳴ったり、口を開けて呼吸をするようになることが多いです。鼻が詰まっているのは異変としては感じやすい症状ですので、早く気付いてあげるようにするといいでしょう。

 

咳は猫風邪の中でも頻繁にみられる症状ではありませんが、猫が乾いた咳や痰の絡んだ咳をすることがあります。熱があって咳や呼吸困難などが見られるときには肺炎の可能性がありますので、すぐに病院に連れて行くことが必要となるでしょう。

 

目の症状

ウィルスの症状が目に出る場合もあります。それが結膜炎や角膜炎です。結膜炎は目のかゆみ、目やに、結膜の充血から見抜くことができます。猫が目を頻繁に気にするようであれば、結膜炎の可能性があります。角膜炎は結膜炎とほぼ同じ症状ですが、痛みが強く出ることが多いので目を開けていられない場合が少なくありません。

 

子猫ちゃんなどで保護されるまでの間に猫風邪が悪化して失明してしまう場合もあります。風邪という言葉で軽く考えないようにしましょう。

 

口内炎

次の症状として、口内炎がありますが、口の中まで普段から見る人は少ないでしょう。口内炎は食欲の低下などから見抜くといいです。また、よだれが垂れていたりする時にも口内炎かも知れないと疑いましょう。

 

声のかすれ

最後の症状として、声のかすれがあります。咽喉が腫れると声の変化が起きます。猫の鳴き声がいつもと違うと感じたら、猫風邪かもしれません。

 

猫風邪の治療法

 

猫風邪の治療法としては、病院での症状に応じた対処療法が基本となります。

内服薬

まず考えられるのが、内服薬です。抗菌薬、鼻水を抑える薬、咳止め薬、解熱剤などが使用されます。症状が回復しない場合などは、長期に渡って薬を投与し続けることも少なくありません。また、原因ウィルスを特定して、抗ウィルス薬を投与する治療方法も稀にあります。

 

注射・点滴

他の対処療法としては、注射という方法が一般的です。食欲がない場合や薬を飲むことができないときなどに注射で薬を投与します。注射の場合は、1回の注射で2週間以上効果を持続する薬もありますが、ほとんどは1日しか持たないため毎日通院する必要があります。食欲不振や高熱による脱水症状の傾向にある場合には、点滴を使用することが多いです。

 

点眼薬・点鼻薬

他に、目の症状がある場合には点眼薬を使用し、鼻づまりには点鼻薬を使用します。これら以外の治療法としては、ネブライザーという方法があります。口や鼻から気化した薬液を吸引する方法です。

 

猫風邪の予防法

猫風邪の予防法としては年1回の混合ワクチンの接種が有効です。猫3種混合以上のワクチンであれば、猫風邪の予防になるのです。ワクチンを接種しておくと、感染しても重篤化しにくいという特徴もあります。

 

他には生活環境の管理が挙げられます。ストレスのない生活を心がけると、免疫力の低下を防げるでしょう。