猫のトイレのしつけ(トレーニング)|簡単!準備から掃除方法まで

 

 

猫ちゃんを初めて飼うビギナー飼い主さんにとって、一番気になるのは”猫ちゃんのトイレってどうしつけ(トレーニング)したらいいの?”ということではないでしょうか?

 

この記事では、猫ちゃんの排泄の習性から、家の中で飼うときのトイレの環境の整え方など、トイレのしつけ(トレーニング)に必要な情報をお伝えします。




しつけ(トレーニング)をする上で知っておくべきこと

猫ちゃんにトイレのしつけ(トレーニング)をするのは難しいように感じるかもしれませんが、やってみると以外と簡単です。まずは猫ちゃんの排泄の習性を知ってく知ることからはじめましょう。

 

その昔猫ちゃんは砂漠地帯で生活していたので、砂の上で排泄をするという習性があります。現在も外で生活している猫ちゃん達が公園の砂場などで排泄したり、木の下や軒下などの乾いた砂を掘って排泄したりするという話を聞きますが、これも猫の排泄の習性と関係しています。

 

家の中で猫ちゃんを飼う場合、この”砂で排泄する”という習性を活かして、市販で売られている猫のトイレ用の砂を利用すること、トイレのしつけ(トレーニング)が簡単に出来ます。

 

 

トイレ環境を整える

 

猫用トイレを準備しましょう

猫ちゃんを飼い始めるとき、餌と同時にトイレ環境は一番先に整えましょう。

 

猫ちゃんは基本的にとてもきれい好きです。トイレの環境が悪いとストレスを感じたり、トイレ以外の別な場所で粗相してしまったり、トイレを我慢して泌尿器系の病気になってしまったりすることにもなりかねません!「トイレ環境を整える」ことは猫ちゃんの健康のためにも大変大切なことです。

 

トイレの糞便は、すぐに片付けて溜まらないようにしましょう(便の状態のチェックは毎回しましょう!)。

トイレの容器は月に1回程度、砂を全部すてて丸ごと水洗いしましょう

 

多頭飼いをしている場合、猫ちゃんの数以上のトイレを用意してあげましょう。トイレが不足していると、布団の上や、玄関マットの上など、トイレ以外の場所で粗相をした…ということも起きてしまいます。トイレが少なかったために間に合わないということが起きたのかもしれませんし、多くの猫ちゃんの中で、立場の弱い子がトイレを使えずにいたということも考えられます。

 

今は猫ちゃんの好みにあわせて色々なタイプのトイレが販売されています。たとえば、全自動で糞尿を始末してしくれるようなトイレすら販売されています。

 

飼い主さんはトイレの環境をしっかり見守って、猫ちゃんにストレスがかからないように整えてあげましょう。

 

おすすめ商品

花王 ニャンとも清潔トイレセット ドームタイプ ブラウン [猫用トイレ本体]

 

 

デオトイレ 1週間消臭・抗菌デオトイレ フード付き本体セット (アイボリー)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1週間消臭・抗菌デオトイレ フード付き本体セット〔18062205ct〕
価格:1380円(税込、送料別) (2018/5/28時点)

 

アイリスオーヤマ 上から猫トイレ ホワイト PUNT-530

 

 

猫砂を用意しましょう

猫ちゃんの砂には色々な種類があります。代表的な猫砂の種類を、素材別にその特徴と合わせてお伝えします。

 

(鉱物系)
砂粒は細かくて普通の砂のようです。自然の砂に近いので、猫ちゃん達には人気があります。尿をするとガッチリと固まります。固まった砂やウンチはトイレには流せませんので、紙袋やビニール袋などに入れて可燃ゴミで出すのが一般的です。猫が砂を掘るとかなり粉塵が舞いますので、器官系が弱い飼い主には向いていないかもしれません。重量は重いので、持ち運びは少し大変です。

 

(紙系)
紙で出来た猫砂です。鉱物系よりはるかに大きな白い粒です。商品によって大きさもさまざまで、尿をすると色が変わるものもあります。おしっこで固まりますが、固まり具合はそれほど強くありません。鉱物系と比べて重量は軽いので、持ち運びは比較的楽です。トイレにも流せますし、可燃ゴミとしても出すことが出来ます。

 

(おから系)
おからを使った猫砂です。トイレに流すことも可燃ゴミとして出すことも出来ます。固まり方は鉱物系ほどではないものの、使いやすさから評判も良いです。消臭性も優れているようです。お茶が配合されたものもあります。

 

(木系)
木系の猫砂にはいくつかの種類があります。尿で固まるタイプ、砂のようになるタイプなどがあります。リサイクルの木や間伐材などが使われていて、環境にも優しい猫砂です。大抵は可燃ゴミとして捨てられます。トイレに流せるか否かは商品によります。木のさわやかなニオイで消臭性も高いです。

 

(シリカゲル系)
システムトイレ(すのこのついた2段式の猫トイレ)向きの猫砂です。シリカゲルで出来た砂自体が尿を吸い込み、吸いきれなかった尿は、すのこの下に設置したシーツで吸収する仕組です。吸収したおしっこの量がある一定を超えるとニオイを放つようになるので、そうなったら砂の替え時です。重量は軽いので、持ち運びは問題ないでしょう。トイレには流せず、燃えないゴミとなります。

 

(炭系)
木炭を使い、炭の消臭性を利用した猫砂です。竹や緑茶を配合したものもあります。トイレには流せませんが、可燃ゴミとして捨てられます。粒が細かいので猫は好みそうですが、飛び散りは多めです。重量はそこまで重くありませんので、持ち運びは楽です。

 

猫砂をやたらに変えないこと

”ネットで安い猫砂があったから”とか、”新商品が出たから”などの理由で、猫砂の種類を頻繁に変えることはあまりおすすめできません。砂の感じが変わったことを、猫は感じ取って粗相の原因となってしまうことがあります。

変えるのであれば、今まで気に入って使っていたものとタイプが似ているものにするなど、大きな変化を与えないものにしましょう。

 

おすすめ商品

ニオイをとる砂 ニオイをとる砂 5L×4袋 (ケース販売)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ニオイをとる砂 5L×4袋 (ケース販売)
価格:3086円(税込、送料無料) (2018/5/28時点)

 

トイレの置き場所

飼い始めのうちは場所を覚えてもらうために、またトイレがきちんと出来るか確認したりするためにも、飼い主さんの目の届くところにおきましょう。遠い場所だとトイレの場所がわからなくて、床やじゅうたんに粗相をしてしまうこともあるからです。

 

猫ちゃんが一度トイレの場所を覚えたら、少しずつ場所を移動して来客などから見えないところに持っていっても良いでしょう。最初は目の届くところ、その後は猫ちゃんが落ち着いてトイレが出来るように人通りが少ない場所が良いでしょう。また、食事の場所からは離してあげましょう。

 

トイレ置き場として考えられる候補を挙げてみました。

洗面所や人用トイレの中
廊下の隅
玄関の隅や勝手口の近く

 

どこに置くにしても気になってしまうのは「ニオイ」です。猫用消臭スプレーや空気清浄機などを活用しても良いかもしれませんね。ただ猫にとってニオイはすごく重要なものなので、その点も気をつけましょう。

 




 

初めてのトイレのしつけ方(トレーニング)

 

猫ちゃんのトイレのしつけ(トレーニング)で大事なのは、猫ちゃんの”排泄タイミングのサイン”を見逃さないということです。

 

トイレサインとは?

猫ちゃんがトイレに行きたくなると独特の行動をします。床のニオイをしきりにかいだり、うろうろ、キョロキョロし始めます。床をひっかく仕草をしてみたり、お尻をむずむずさせたりします。排便をしたくなると、必ず同じ場所をくるくる回ってニオイをかいだりしますから、注意してみていてくださいね。

 

猫ちゃんがこのような仕草をはじめたら、飼い主さんは慌てないようにしましょう。「ちょっと待って!トイレはこっちよ!」などと大きな声を出すと、猫ちゃんはビックリしちゃいますから、落ち着いて対応することが大切です。もらわれてきたばかりの子猫ちゃんの場合は、大きな声に驚いて隠れたり、漏らしたり、飼い主さんを怖いと思ってしまったりします。

 

まずは優しく抱き上げて、トイレまで連れて行ってあげましょう。トイレトレーニングのときは屋根のないタイプのトイレを用意します。猫砂の感触がわかれば、そこで排泄してくれます。

 

ただし子猫で初めての場合は、わからずにトイレから出てきてしまうこともありますので、その場で排泄が済むまで付き添ってあげると良いでしょう。ちゃんとトイレをすることができたら、ほめてあげてください!数回これを繰り返すと、しっかりと覚えてくれます。

 

猫ちゃんがトイレをしたら、すぐ掃除したくなりますよね。ただし、トイレトレーニング中は、すぐ掃除してしまうと猫ちゃん自身のニオイの残り香がなくなってしまうため、少し時間をおいてからトイレを掃除するようにしましょう。特に子猫の場合は自分のニオイがしないとトイレの場所がわからなくなってしまうからです。ニオイでトイレの場所を覚えさせるために大切なことです。

 

トイレ以外で粗相してしまったら…

そんなときは、どうしても叱ってしまうこともあるりますが、叱り方には注意しましょう。

 

叩く、怒って追いかけ回す、大きな声で怒鳴るなんてことをしても猫ちゃんは萎縮してしまうだけトイレを覚えてはくれません。しつけにならないどころか逆効果なので、しないようにしましょうね。

 

もしもトイレ以外の場所で排泄をしているところを見つけたら、その場で大きな声で「ここじゃないよ!」と排泄を中断させて、抱き上げて正しい場所につれて行ってあげるようにします。

 

失敗してしまった時の掃除方法

トイレ以外の場所で粗相してしまった場合は糞尿のニオイが残らないように徹底的に掃除してください。ニオイが残っているとそこをトイレと勘違いしてしまい繰り返してしまうからなんです。

 

ペーパーなどで水分などを拭き取ったあと、住居用の洗剤を使って何度か拭きます。さらに固く絞った雑巾でしっかりと拭きましょう。絨毯など、布の場合は専用の洗剤を使って拭き、お湯で絞った雑巾で叩くようにしましょう。

 

ニオイを残さないことが一番重要ですので、すぐに対処するようにしてくださね。掃除し終わった後でも猫ちゃんがその場所のニオイを嗅いだり、掘るような仕草をしたりする場合、その場所がまだ臭っているということなので、そのまま放置すればまたそこで排泄しようとしてしまいます。

 

猫用の清掃剤や消臭剤が売られていますので、徹底的にニオイを消し去るようにしてくださいね。

おすすめ商品

猫の消臭剤、臭い消し 猫ピタ 2L入り 猫の粗相やスプレーの臭いをピタッと解消!

 

 

他の猫がいる場合のトイレのしつけ(トレーニング)

母猫が一緒にいる場合は、最初は子猫のおしりを舐めて排泄処理をしてくれます。そして少し育ってくると、母猫が子猫にトイレの仕方を教えてくれますので飼い主さんとしてはトイレのしつけ(トレーニング)はとっても楽ですね。

 

他にも猫ちゃんを飼っている場合、相手が子猫の場合であれば、先住の猫ちゃんがトイレの場所を教えてくれることが多いです。成猫の場合は相性もありますから、飼い主さんが教えてあげる方がいいかもしれませんね。

 

他の家庭や施設から猫ちゃんをもらって来た場合は、その家で使っていたトイレの砂をもらってきて、新しい砂の中に混ぜて入れておくというのが効果的な方法です。自分の尿のニオイがすれば、そこがトイレだと覚えてくれます。

 

なかなかトイレを覚えてくれない時は?

最近では、「トイレのしつけスプレー」というものも売られています。トイレの猫砂にこれをふりかけると、尿のニオイがするので、そこで排泄するように導くことができるというものです。うまくしつけが出来ない場合は、これを使ってみるのもひとつの手段かもしれないですね。

 

まとめ

猫ちゃんを飼い始める前に、まずはトイレや猫砂などの環境を整えてあげてください。

 

猫ちゃんのトイレのしつけ(トレーニング)は猫ちゃんが出すトイレサインを見逃さず、トイレの場所を教えてあげてください。猫ちゃんは、数回行えばきちんとトイレを覚えてくれますので、なれるまで愛情をもって教えてあげてくださいね!