猫の腎不全が新薬ラプロスで回復!

今日は、しろちゃんのお友達、隣のおうちからお庭に遊びに来るハナクロちゃんの身に起きた急性腎不全のお話です。




毎日のように我が家の植木の下でお昼寝していたハナクロちゃんが、冬ぐらいから急に遊びに来なくなってしまいました。しばらく姿を見かけないので、お隣と我が家の療法のペットケアをしているFさんに様子を聞いたところ、ぜんぜんご飯を食べなくなってしまったとのこと。

 

実は、我が家の庭に大量の化学肥料を庭師さんがばら撒いてしまっていたのです。土に埋めるでもなく土の表面に!!少量であればそれほど問題が起きないと思いましたが、ハナクロちゃんのお昼寝の場所に大量に撒かれた化学肥料。慌てて調べたところ、化学肥料から揮発される成分で、食欲が落ちたりするが、距離を置いていればそのうち食欲が戻ると書かれていました。

 

まったくご飯を食べなくなったハナクロちゃん、免疫が落ちてひどい口内炎も発症してしまいました。ペットケアさんがお医者さんに連れて行って、口内炎のための注射をしてもらい、ご飯を少しずつ食べられるようにはなったものの、毛づくろいももちろん出来ないので、綺麗な長い毛はボサボサの塊状態に。

 

 




そのうちに、体重がどんどん減ってみるみる1.5kgに。歩くこともやっとの状態でふらふらに・・・もうこの冬は越せないのでは、なんとか看取ってだけあげたいと心が痛む日々が続きました。

 

ところが、1月のある日ペットケアさんが「もしかして、口内炎で食べられないのではなくて、化学肥料の成分で腎臓がやられてしまったのが原因では??」と獣医さんに聞いてくださいました。大量の化学肥料の成分が体内に取り込まれて、分解しようとした腎臓がやられてしまったのでは?とのこと。口内炎によかれと思って注射したステロイドも腎臓に負担がかかっていたのでは!!

 

そこからハナクロちゃんの腎臓の治療が始まりました。お隣のお宅は飼い主のおじいちゃんが施設にはいってしまっていて、猫ちゃんのお世話はペットケアさんが月々の決まった費用のなかから、餌とか砂とかを工面してます。それで相談してお薬代を負担することに。(我が家の庭のせいですから!!)

 

獣医さんが薦めてくださったのが新薬のラプロス。東レから販売されていて、1日朝夕の2回。1回1錠。です。ラプロスの値段は1錠150円ほどです。ハナクロちゃんの場合、体重があまりにも少ないので1日1錠ではじめました。そのほかに栄養補給とお薬を混ぜてたべさせるためにロイヤルカナンFHN-WETベビーキャット(離乳期から生後4ヵ月齢までの子猫及び授乳期の母猫のためのプレミアムウェットフードなので、少量しか食べられないハナクロちゃんに少しでも栄養補給をと考えました)と

 

もうほとんど餌も食べられない状態だったハナクロちゃん、なんとか1日1錠をウェットフードに混ぜて食べさせる日々が続きました。ちゃんとお薬1錠分が体内に入るのを確認し、最後まで見届けながらの餌やりです。Fさん毎日頑張ってくださいました。

 

そしてそして・・だんだんと食欲が増してきて、体重も徐々に増えてきたハナクロちゃん。かりかりも食べられるようになってきたので、ロイヤルカナン 療法食 猫 腎臓サポートスペシャル ドライ。(これは、食欲が出てきてから少しずつ与え始めました)

 

半年が過ぎたこの7月には、なんと体重3.5キロにまで増えました!!今日Fさんと話したら、小鳥を捕まえてきたとのこと!!歩くのもやっとだったハナクロちゃん、ラプロスのおかげでここまで元気になりました。

 

猫の腎臓病やお薬の効能など詳しくは別の記事でお伝えするとして、とにかく、猫ちゃんの腎臓病で悩んでいる飼い主さんに、ラプロスを試してみて下さいとお伝えしたくて、ハナクロちゃんが元気になったことをお伝えしました。

 

猫ちゃんが病気に負けない丈夫な身体を作って免疫力を高めるには、小さい頃から与えるご飯がとても大切ですね。




お勧めの猫ちゃんのご飯はこちら

カナガンキャットフード公式サイト↓