猫の口内炎の症状は?|猫ちゃんとてもつらいんです!

 

 

猫の口内炎で悩んでいる飼い主さんが多いみたいですね。

 

人の口の中にポチッとできる口内炎。食事をするたびに痛みが走り、辛い日々が続きます。猫にも口内炎はあるようですが、どうやらこちらはずっと深刻なようです。

 

猫はとても我慢強い生き物です。痛みに耐えて、ごはんを食べなくなるなんてことも。猫に口内炎が出来てしまったら、体の不調のサインです。自然に治ると思わずに、早期発見、早期治療を心がけましょう。ここでは、猫の口内炎はどんな症状なのか、原因、治療法、そしてかからないようにするための予防法を紹介します。




猫の口内炎の症状とは

 

猫の口内炎は、口の中の粘膜が炎症を起こしている病気です。人間の口内炎のように部分的な炎症ではなく、口の奥から歯茎、舌まで、広い範囲で炎症を起こしています。

 

猫は症状を隠そうとしますが、口内の炎症が痛むので、エサを食べなくなります。口元を触ると嫌がるため、口を広げて確認するのは難しいかもしれませんが、下のような症状であれば口内炎にかかっているかもしれません。

 ・エサを食べない

 ・口元や歯をいつもより気にしている

 ・よだれが沢山出る

 ・口臭が強い

 ・毛づくろいをしない

 

口内炎の種類と原因

猫の口内炎には二種類あります。何らかの疾患にかかっていて、口内炎を発症している「系統性口内炎」。はっきりとした原因の分からない「潰瘍性口内炎」です。

 

系統性口内炎

一つ目の「系統性口内炎」は猫ウイルス性鼻気管炎や猫エイズウイルス、猫白血病ウイルス感染症といった疾患にかかっていたり、栄養不足やビタミン不足、抗生物質の長期的な服用などで出来ることがあります。

 

潰瘍性口内炎

もう一方の「潰瘍性口内炎」は代謝異常や感染症など様々な可能性が挙げられますが、具体的なことはまだ分かっていません。ただ、歯周病から歯肉炎になり、口内炎になってしまうことが多いと考えられています。

 

口内炎の治療法

 

まず、「系統性口内炎」の場合、他の病気が引き金になって口内炎になっているので、治療はその病気を治すことを優先します。原因となる病気を治療することで口内炎は自然に消えていきます。

 

一方「潰瘍性口内炎」であれば、口内炎自体を治療することを考えます。この口内炎は第一に歯周病が原因となっていることが考えられるので、まずは歯垢や歯石の除去、ときには抜歯をして、歯肉の炎症を鎮める治療を行っていきます。症状がひどい場合には全身麻酔をして、炭酸ガスレーザーで口内炎を切除することも考えられます。

 

投薬に関しては、細菌を抑える抗菌薬や、炎症を沈める抗炎症薬が処方されることもありますが、長期的に服用することで副作用が出たり、薬の効果が薄れることも考えられるので、かかりつけの獣医さんにしっかり相談して投薬してください。

 

家のご近所の猫ちゃんもひどい口内炎を発症し何も食べられなくなり、ステロイドの注射を続けていましたが、強い薬の副作用で腎臓病を誘発してしまいました。投薬は腎臓の値をチェックしながら注意して続けましょう。

 




口内炎になってしまった時の餌のやり方

 

口内炎になってしまうと、口の中が痛いのでエサを食べるのを嫌がります。エサを食べないと体力が落ちて、免疫が低下し、ますます口内炎が悪化してしまいます。

 

そうならないよう、飼い主はエサを工夫する必要があります。口内炎のときに、冷たいものや固いものを食べるのが辛いのは、人も猫も同じです。ウエットフードはそのままだと冷たく固いので、電子レンジで少しだけ温めたり、お湯を足して柔らかくしましょう。ドライフードはお湯でふやかして与えてみてください。

 

無理に食べさせようとせず、少しでも食べやすいように工夫してあげてください。また、栄養補助のためのサプリを、薬と併用して与えることも考慮していいかもしれません。こちらも獣医さんに相談してみましょう。

 

口内炎を予防するには

原因が十分に分からないこともある口内炎ですが、原因の一つとされる歯周病の予防を行うのは飼い主として重要なことです。猫の口内環境に気をつけることで、口内炎を発症するのを予防しましょう。

 

猫は口を触られるのを嫌がりますが、最近では口内を清潔に保つための様々なグッズが販売されています。例えば、使い捨ての拭き取りシートタイプや、指サックにジェルをつけて磨くタイプ、猫の飲み水に混ぜて使う液体タイプなどがあります。

 

中でも使いやすいのは、シュッとスプレーを吹きかけて、口内環境を整える液体ハミガキスプレー。これなら一瞬で終わるので、猫が逃げることもありません。

 

他にも、主食のエサにも一工夫して、歯垢がつかないタイプのフードを与えるのもおすすめです。

 

毎日続けることが大事なので、人も猫もストレスのないような方法を選びましょう。また、大人になるほど警戒心が強くなるので、子猫のうちから少しずつ慣らしていくことをおすすめします。理想の頻度は一日に一度。まずは口元に優しく触れて慣らし、猫が嫌がらない方法を見つけることが大切です。

 

まとめ

口内炎は完治が難しく、再発もしやすい病気と言われています。年をとってから発症する猫も多く、口内炎の痛みによってエサを食べられず、体力が落ちて弱ってしまうということも多くあります。

 

そうならないよう、日頃から猫の口内環境に気をつけて予防し、少しでも変わったところがあれば、すぐに動物病院に行くようにしましょう。また、年に一度は定期検診をし、大切な猫の健康管理に努めましょう。