成長別(子猫、成猫、老猫)に合ったご飯(キャットフード)選ぶ

猫ちゃんのご飯も成長度合いに合わせて選ぶようにしましょう。

 

ここでお伝えする内容は、あくまでも目安となりますので、猫ちゃんの好みや家計の状況などを考えてフードを選択するようにしてください。




 

子猫の場合

子猫 に一番必要なのはバランスのとれた栄養素です。

 

実は子猫の時期にたくさんの栄養を摂取したかどうかで、成猫になった時の健康状態にも大きな影響が出てくるのです。

基本的には、子猫のご飯は、ドライタイプのフードをおすすめします。

 

栄養面は当然ですが、子猫ちゃんは一度にたくさん食べられないです。フードの保管・保存のことを考えるてもドライタイプが良いでしょう。

 

子猫のうちから慣らしておくことで、どちらかというとウェットフードとの比較で食いつきが悪いドライフードも食べてもらえるようになるでしょう。何事も慣れですね。

 

注意すべきは、子猫はまだ咀嚼(そしゃく)が完ぺきではありませんので、ドライタイプのフードは固くて噛み砕けない場合もあります。

 

そんな時は、お湯でふやかしてから与えるか、ウェットタイプのフードを混ぜて与えるのも良いと思います。

 

・避妊・去勢後

一般的には、避妊・去勢手術は、生後半年から1年あたりに行われることが多いでしょう。

 

この頃には、大人の体になり、手術に耐えられる体力がつくためです。

 

避妊・去勢手術後には、個体差はあるものの一般的には太りやすくなる傾向が高くなる様です。

 

生後半年頃はまだ子猫なのですが、避妊・去勢手術後もおなじように子猫用のご飯を与えると肥満になってしまうことがあります。

 

手術後は大人用のフードを与えた方がいい場合もあり、猫の様子を見ながら、できれば獣医に相談しながら適切なフードを与えるのが良いでしょう。

 

なんといっても、猫の肥満は病気の原因となります。

・成猫の場合

生後1年を超えると、成猫としての扱いが必要となります。

 

子猫に比べて体が大きくなった分、食事量は増えます。でも、あまりカロリーを摂取しすぎるのはよくありません。

そこでおすすめできるのが、ドライ+ウェットの混合パターンです。 

 

 

普段は、栄養バランスを摂ることができるドライタイプのご飯にし、時々で良いのでウェットタイプのフードを与えることで、楽しみも与えられ良いのです。

 

そうすることで、食事に対する飽きを抑えることができます。

 

この方法では、ウェットタイプのフードのほうばかりを好んでしまい、ドライタイプのフードを全く食べなくなる場合があるので注意が必要です。

 

栄養バランスのこと以外にもお金の問題もあると思います。猫ちゃんの様子をみながら与える量や回数を決めるのが良いと思います。

・老猫の場合

成猫となって6年以上経過すると、一般的には老猫としての扱いです。

 

年齢を重ねるごとに健康への配慮が大切になるのは人間と同じです。

 

病気の問題もありますし、元気に健やかに暮らすためには、食事からの健康サポートは不可欠です。

 

しかし、年をとって咀嚼(そしゃく)する力が弱り始めている老猫に、栄養バランスが良いからと
ドライタイプのフードのみを与え続けるのは少々酷な話ですね。

 

ですから、老猫の場合はウェットタイプのフードを中心に与えることがおすすめです。

 

これなら水分摂取の面でも安心です。

 

でも。やはり栄養面に優れたドライタイプは忘れる事はできませんので随時与えるようにするのが良いでしょう。

 

もちろん、元気な猫ちゃんでドライタイプのフードをがっつり食べられるのであれば、無理にウェットタイプをメインにする必要はありません。

 

老猫用のドライタイプのフードも販売されていますので、咀嚼(そしゃく)ができるうちはこのようなドライタイプのフードでも大丈夫です。

 

⇒ こちらで猫ちゃんご飯のランキング確認できます。