キャットフードの値段の差について理解しておこう!

 

キャットフードを調べてみると、一見どれも似たように想えるのですが、その値段の差にビッツクリすることはありませんか?




 

キャットフードは、一般の普及品の「レギュラー」と、上級品の「プレミアム」に大きく区分されます。値段の差がありますね。

 

プレミアムフードですが、厳密な定義がなされているわけではなにのですが、「AAFCO」(米国飼料検査官協会)の栄養基準をクリアしたものをいうことが多いです。

 

どちらかと言いますと、プレミアムフードは、品質を重視しているフード全体を大雑把に分類していると思ったほうが良いでしょう。

 

では、キャットフードは、レギュラー品を含めてどれを選んでも良いのでしょうか?値段の差は気にせず選んで良いのでしょうか?

答えは、「NO」となります。

 

4Dミートは避ける必要あり!

キャットフードの原材料の書かれているところに、「牛肉」「鶏肉」などでなく、「肉類」と表示されているものを見たことがありませんか?

 

この「肉類」には、肉以外にも家畜動物の糞、尿、とさか、くちばし、羽、足、腫瘍部分など、
聞いているだけで恐ろしいものが使われているのです。

 

しかし、実はもっと怖いものが原材料として利用されている場合があるのです。それは、多くの獣医師が最も危険視している「4Dミート」です。

「4D」とは、以下をしてみしています。

*Dead(死骸)

*Diseased(病気の)

*Dying(死にかけの)


*Disabled(障害のある)

 

「肉類」に含まれるこれらの原料は、死んでから時間がたっているものが多く、大腸菌やサルモネラ菌で汚染されているものがほとんどです。

 

Simplicity | 内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマ

人口の添加物も避けたい!

人工添加物にも注意が必要です。

最も避けたい人工の添加物は、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)と、BHT(ブチルヒドロキシトルエン)です。これらは主に殺虫剤、ガソリンの酸化防止剤に使われています。

 

キャットフードでは、酸化防止や悪臭を押さえるための保存料として使用されていますが、発癌性が認められているため、今では一部の食品を除いて使用されることが禁じられているのです。

 

同じく、「エトキシキン」も毒性がとても強く、発がん性、皮膚炎、脱毛、異常行動、血清コレストロール上昇などの症状が出る可能性があるため、食品添加物としては認可されていないのです。

 

また、発癌性という点から言うと、原料に遺伝子組み換えをしている穀物などが使用される場合も、癌になる確率が上がることがわかっています。

 

とても怖いことではありますが、安い値段で販売されているキャットフードの多くは、これらの有害で危険な成分が原材料して利用され販売されています。

 

これこそがキャットフードの「値段の差」なのです。

 

あなたの大切な猫ちゃん、粗悪な食べ物から守ってあげて、いつまでも健康で元気であなたといられるようにしてあげてくださいネ。