あなたの猫ちゃんはウエット派、それともドライ(かりかり)派?

「ウェットフード」と「ドライフード(カリカリ)」どちらがいいのか。

 

購入できる猫のご飯はたくさんありますね。

 

なかでも、悩むのは「ドライタイプ」と「ウェットタイプ」のどちらにするかかと思います。どんなご飯が合うかはもちろん猫ちゃんの性格や好み、体質、年齢にもよるのですが。。

 

基本的な情報としてまずは、「ドライタイプ」「ウェットタイプ」の違いや、それぞれのメリット・デメリットを把握しておくことが大切です。

 




 

「ドライタイプ」のキャットフード

猫ちゃんオーナなら聞いたことがある「カリカリ」と呼ばれるのが、このドライタイプのキャットフードです。

 

ドライタイプのフードは、水分の含有率が約10%前後で、乾燥させた小さなサイズのご飯です。

 

ペットフード全般としてこのタイプが多いので、さまざまな種類が豊富に販売されています。

ドライタイプのメリット

最大のメリットは、何と言っても価格の安さです。

 

もちろん、メーカーにより価格差はありますが、大抵の場合ウェットタイプのフードに比べて安価に設定されています。

 

しかも、1袋に入っている量もウェットタイプに比べると多く、猫ちゃんの多頭飼いをしている人にも重宝されますし、何と言っても毎日のご飯なので価格は非常に重要です。

 

袋の開封後もある程度の保存期間が可能なものが多いので、ご飯管理が楽という点もとても魅力です。

 

一度にあまり食べられない猫ちゃんもいますし、少量を何度も食べる子もいるので、このような状況での量の調整にはドライフードはもってこいです。

 

また、一般的には栄養が摂れるようバランスを考えられているフードも多く、オーナーとして食事について難しく考えることなく楽ちんです。

 

乾燥しているためよく噛んで食べることから、歯のケアにも適しています。

 

咀嚼(そしゃく)することで、歯石や口内炎のような口の中に関する病気の予防や、口臭対策にも効果があります。

ドライタイプのデメリット

乾燥しているからこそ、それが最大のデメリットとなります。乾燥しているので、水分の含有量が少なく、水分不足を引き起こす可能性もあります。

 

必要な栄養は補えるのですが、食事のとき以外にも水分を摂らせなければ、場合によっては脱水症状を起こしかねません。脱水症状は熱い夏場だけでなく、季節は関係ないと考えておいてください。

 

また、ドライフードで注意しなければいけないのが腎臓への負担です。

 

ドライフードの多くには「マグネシウム」が含まれており、このマグネシウムが腎臓へ負担となります。

 

猫はそもそも、一般的に腎臓が弱く、病気になりやすい傾向があります。

 

そこに腎臓に負担をかけてしまうマグネシウムを大量に摂取してしまうと、尿道結石などの病気を引き起こしかねません。

 

ドライタイプのフードを猫ちゃんに与える場合は、この点にはくれぐれも注意が必要です。

 

「ウェットタイプ」のキャットフード

ドライタイプのフードに比べると圧倒的に販売されている種類は少ないです。

 

ウェットタイプには「フレークタイプ」「パテタイプ」「シチュータイプ」などがあり、それぞれに特徴や好みが分かれます。

 

ウェットタイプのメリット

ウェットタイプのフードは、名前通り水分量が多く、約75%を超える含有率です。

 

この水分の含有量の高さこそが、ウェットタイプのフード最大のメリットといえるでしょう。

 

つまり、もともと猫ちゃんは、水分を摂取することが苦手な動物だからという事に行きつきます。す。

 

直接的に水分を摂取することが苦手であるからこそ、食事で自然に水分を補ってもらうことで補完できることこそメリットとなります。

 

脱水症状は、実は季節に関係なく起こる可能性があります。人間と同じですね。ただ、特に夏場などの気温・室温が高くなる季節には、積極的に水分補給を心がけないと脱水症状を引き起こしやすくなる傾向があります。

 

水分摂取量が少ないとおしっこが濃くなり、腎臓にも負担がかかるので、猫ちゃんに水分を摂取させることは長生きをしてもらうためにはとても大切な事なのです。

 

その点で、ウェットタイプのフードは優れているというわけです。

 

また、ウェットタイプは形状や味が多くあり、猫の好みに合わせたチョイスがしやすいのもメリットです。

缶やパウチされたレトルトタイプのものであれば、開封していなければかなりの長期保存も可能です。

 

ウェットタイプのデメリット

ウェットタイプにも、実はデメリットもあります。代表的なものはやはり価格の高さです。

 

ドライタイプのご飯は、ドライタイプに比べると圧倒的に量が少なく、価格が高くなっています。

 

これは、最大のメリットとなる「水分の多さ」が要因です。

 

また、長期保存を可能とするために保存料を入れる必要があり、いろいろな添加物が含まれているフードもあります。

 

無添加だとうたわれているフードも販売されてはいますが、大半は添加物が入っています。ですので長期間食べ続けると健康に影響が出ないとは限らないのです。

 

また、保存料などの添加物の関係で、一旦、開封してしまうとすぐに腐ってしまいます。夏場は特に危ないです。

 

開封後は、そのフードの管理には細心の注意が必要となります。

 

さらに、ドライフードとは逆で歯にこびりついてしまうデメリットがあるのです。

 

ですから、常にフードケアをしておかないと、歯石や口臭の原因となりかねません。

 

ウェットタイプで注意したい点は、総合栄養食ではないものが多い点です。ドライタイプのフードの多くは総合栄養食なのですが、ウェットタイプの場合はどちらかというと位置づけは、補助のためのご飯という要素が強くなります。

 

ですから、カテゴリーとしては「一般食」であったり、「栄養補完食」と呼ばれています。

 

栄養の偏りに注意するためには、同じものばかり食べさせないようにしたり、原材料のチェックを怠らない努力が必要ですね。

 

ドライフードと併用して食べさせるのであれば、総合栄養食でなくても問題はありませんが、ウェットフードを主食にするのであれば、「総合栄養食」と表示されているものチョイスすることが大切かと思います。

 

猫の水分接種を促進するのには、とても有効なフードですが、ウェットフードばかりを食べさせると、もしかしたら将来療養食を食べなければならなくなったときや、もしもの災害時に非常事態に困ることになるのは良く聞きます。

 

ドライフードと半分ずつ与えるなど、好き嫌いがないように毎日工夫するのが良いでしょう。

 

⇒ こちらで猫ちゃんご飯のランキング確認できます。