猫にかつおぶしをあげて大丈夫|基礎知識として理解しよう!

猫と言えば、かつおぶしが好きだと考えられていますよね。

 

ことわざでも「猫にかつおぶし」とあるように、かつおぶし=猫の大好物とのイメージです。

 

素朴な疑問として、猫はなぜかつおぶしが好きなのでしょうか?そして、猫にかつおぶしをあげても大丈夫なんでしょうか?

 

もしあなたが今現在猫ちゃんにかつおぶしを与えていたら、ちょっとこの記事を読んでみてください。

 

この記事では、本当にかつおぶしを猫に与えて大丈夫か、与えた場合どうなるのか、そして与えるとしたら場合の注意点についてご紹介させて頂きます。

 

プレミアムキャットフード『モグニャン』

猫がかつおぶしを好きなわけは?

猫は本来は肉を主食とする動物

猫がかつおぶしを好きだという説は、日本人の間でよく聞きます。
そりゃそうですね。欧米にはかつおぶしはないですしね!

 

猫がかつおぶしを好きだとされる理由といっても、猫は魚が好きなのだから当たり前のように考えられるかも知れませんね。

 

ただ、猫は本来、肉食です。魚ももちろん食べますが、魚が主食というわけではありません。

 

欧米に住んでいる猫ちゃんを考えてみてください。

 

昔から馴染みのあったかつおぶしと猫の関係

日本史を紐解いてみると、かつおぶしが生まれたのは、室町時代だと言われています。結構、古くから日本にあったと言えます。

 

一方、猫は、飛鳥時代から奈良時代にかけて日本国内にいたということがわかっています。

さらに奈良時代には、経典など書物をネズミの害から守るため、中国から多く猫が輸入されるようになったそうです。

 

猫はいわゆるペットとしてかわいがられるようになり、ネズミを獲って食べていたそうですが、人間が食べていたものもご飯として食べていたと考えられています。

 

浮世絵にも描かれた猫とかつおぶし

江戸時代後期の浮世絵には、東海道五十三次の宿場町名をだじゃれ風にして、猫のしぐさをつけて描いているものまであります。

 

そこには、かつおぶしを押さえつけている猫ちゃんや、かつおぶしにかじりつく猫ちゃんも描かれています。

 

江戸時代でさえ、猫ちゃんはかつおぶしが好きだということが当然のこととして捉えられていたことがわかりますね。

 

猫がかつおぶしが好きというのは、結構歴史的にもそのようだったようです。

 

昔から与えられていたからかつおぶしが好き

前述のように、日本人は魚やその加工品が好きでそれをよく食べていて、日本にいた猫ちゃんも魚やかつおぶしを餌として与えられ育ったため、かつおぶしが好きになったと考えられています。

 

つまり、日本で人間の食べていたかつおぶしを猫に与えるという習慣が「猫はかつおぶしが好きだ」ということになってしまったということのようです。

 

実は、かつおぶしが嫌いな猫もいる?

猫にかつおぶしを与えると、多くの猫が夢中で食べると思われていますが、実際には、かつおぶしに見向きもしないなど、食べたがらない猫もいることも良く知られていますよね。

 

また、かつおぶしを食べたことがない猫でも、かつおぶしを好きになったり、全く興味を示さない子もいます。

 

実際、魚を猫にあまり与えない日本以外の国では、猫の好物は必ずしも魚とは思われていなくて、魚を猫にあげない国も沢山あります。

 

猫の好物としては、鶏肉やその他の肉といったものを始めとした人間の食べ物であったりしますね。

 

猫が育った地域での人間の食べ物にそって、猫の好物が決まってくることもあるという事です。

 

猫それぞれの好みや個性によるということが言えるのですね。

 

猫にかつおぶしをあげても大丈夫?

ドライフードとかつおぶし

かつおぶしは、ミネラルが多く、塩分も多いため、猫に与えるのは良くないという説もありますが、猫にかつおぶしをあげても良いかどうかということの答えとしては「あげても大丈夫。ただし、少し注意が必要になる」ということになります。

 

そもそも、かつおぶしの成分は?

かつおぶしの主なビタミンの成分は以下の通りです。

*ビタミンB1 *ビタミンB2 *ビタミンB6
*ビタミンB12 *ビタミンD *ビタミンE
*ナイアシン*葉酸 *ビオチン *パントテン酸

があげられます。

かつおぶしの主なミネラルの成分は、

*ナトリウム *カルシウム *カリウム
*マグネシウム *リン *鉄 *銅 *亜鉛 *ヨウ素

があげられます。

 

かつおぶしの取りすぎは、尿路結石症になる可能性あり

猫が、リン、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウムなどのミネラルを過剰に摂取してしまうと、尿路結石症になったり、腎不全になったりする可能性があります。

 

猫の尿路結石症とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道のどこかに結石が出来てしまう病気です。

リンやマグネシウム、カルシウムなどのミネラルのバランスが適切に取れていない時や、おしっこが酸性やアルカリ性に傾きすぎていると、結石が作られやすくなってしまいます。

 

出来た結石が膀胱の粘膜を傷つけることで、膀胱炎となることもあります。

 

また、結石が尿道や尿管につまるとおしっこが出来なくなって、尿毒症になる可能性もあります。

 

かつおぶしの取りすぎは、腎不全になる可能性あり

猫の腎不全とは、腎臓の機能が低下して機能不全に陥った状態のことで、慢性腎不全と、急性腎不全があります。

急性腎不全の中でも、猫下部尿路疾患や腎結石などによって排尿困難になり、おしっこがほとんど出来なくなって生じるものがあります。下部尿路疾患は尿結石が原因で起こることがあります。

 

そのため、猫にはこれらのミネラルのバランスをうまく取って与えることが大切です。この理由から、かつおぶしは、獣医さんでも与えない方が良いとされる意見も多くあります。

 

主食とかつおぶしのバランスが大切

かつおぶしに含まれるミネラルや塩分は、ドライのキャットフードのそれとあまり変わらないということがわかっています。

 

では、猫にかつおぶしを与えても大丈夫なのでは、ということになりますよね。

 

猫の主食として、キャットフードがおすすめなのは、栄養のバランスが考えられているものが多いからです。

もし猫にかつおぶしだけを与えていれば、必要な栄養が取れないだけでなく、ミネラルも偏るので、健康的には良くない事はわかっていただけると思います。

また、キャットフードを与えているのに、さらにかつおぶしも大量に与えているようであれば、ミネラルや塩分の取りすぎとなり、また肥満につながるため良くないので避けましょう。

 

ですから、猫ちゃんにかつおぶしをあげるのは大丈夫なんだけど、量や与え方に注意しましょうということになります。

 

*おすすめ商品

減塩猫ちゃんのかつお削り 40g
静岡県の削りぶし工場のペット用かつおぶし。健康に配慮した減塩タイプです。

 

 

猫にかつおぶしを与える効果は?

前述の通り、かつおぶしを与えるには注意も必要ですが、猫にとって良い効果もあります。

 

猫に必要な栄養成分が摂取できる

猫にかつおぶしを与えると、猫に必要な栄養成分が摂取できるという効果があります。

 

かつおぶしは、ビタミンB、ビタミンD、ビタミンEのほか、ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウム、鉄、亜鉛などが主要成分となっています。
かつおぶしを適切な量を与えることで、猫の健康にも良い効果があると考えられます。

 

ただし、かつおぶしに含まれる栄養成分の量と、どのくらいの量を与えるかは前述の通りかわりますので注意が必要ですね。

 

猫の食欲や嗜好性をあげる

かつおぶしには、食欲のない猫がキャットフードを食べてくれるという効果があります。

 

かつおぶしの匂いや食感、味を好む猫ちゃんは、キャットフードを食べない時でも上に少量トッピングすることで、食べてくれるようになることがあります。

 

元気がない時や夏バテなどで食欲がない時にも、かつおぶしをフードに混ぜることで、食欲が戻ることもあったりします。

 

栄養成分を取ることの効果よりも、猫がフードを食べてくれるという効果の方が大きい場合もありますので利用したいところです。

 

●おすすめ商品
キャットマム 無添加のおいしさフリーズドライ かつお 10g

焼津魚市場水揚げされたかつおを限定使用したフリーズドライ。単一たんぱく源で食物アレルギーに配慮。
いつもの食事へのトッピングや、そのままヘルシーなおやつとしておすすめです。

 

 

かつおぶしの与え方・注意点は?

猫にかつおぶしを与える際には、以下のことに気をつけましょう。

*キャットフードなどの主食を必ず与える
*ペット用かつおぶしのみを与える
*量の調整をして大量に続けて与えない
*病気の猫には与えない

 

主食を必ず与える

ペット用のかつおぶしといっても、主食になるわけではありませんので、総合栄養食のフードをちゃんと与えるようにしてください。

 

普段の主食であるキャットフードを与えながら、かつおぶしは少量トッピングしたり、オヤツとしてたまに少量与えたりするという与え方が良いでしょう。

 

おすすめする商品

プレミアムキャットフード『モグニャン』

 

ペット用かつおぶしを与える

ペットショップなどでは、ペット用のかつおぶしが市販されています。

 

多くは塩分の量を少なくしていると考えられますが、成分表を必ずチェックし、大丈夫であれば購入するのも良いでしょう。

 

大量に続けて与えない

かつおぶしにはミネラルと塩分も含まれているので、与えすぎると過剰摂取になります。

 

注意としては、大量に与えないこと、そして毎日や毎食など続けて与えることのない事です。

 

また、キャットフードを問題なく食べている猫ちゃんにかつおぶしをあげてしまうと、かつおぶし無しではキャットフードを食べなくなってしまうことも考えられます。

 

猫ちゃんにかつおぶしを与える癖をなるべくつけずに、必要のある時に与えてみるくらいが一番が良いと言えるでしょう。

 

病気のある猫には与えない

腎臓や泌尿器に問題がある猫の場合には、ミネラルや塩分を摂取して健康を害してしまうことを考えて、かつおぶしは与えない方が良いです。

 

病気になっている猫の場合には、かつおぶしだけでなく普段のキャットフードまでも気を使い注意する必要がありますから、獣医さんに相談するようにしましょう。

 

猫とかつおぶしのまとめ

猫がかつおぶしを好きなのは、日本ならではの食生活の歴史から来ています。他の国では見られない事です。

 

実際のかつおぶしの塩分はそれほど多くないので、少量であれば問題ないと考えられますが、猫ちゃん用の減塩タイプのかつおぶしを与え、そして与える量に注意しましょう。

 

かつおぶしは食欲増進などの良い面もあります。あげて良いかどうかは、猫の体調や、病気にかかっているかと関連しています。

 

不安な場合は、まずは獣医さんに相談しましょう!

 

プレミアムキャットフード『モグニャン』