手作りご飯は注意!!猫ちゃんが食べてはいけないもの

 

 

 

飼育している猫ちゃんには手作りご飯を上げたいと作っている人もおられると思います。

 

しかし、選ぶ食材には注意が必要です。食べてはいけない食材があるからです。

 

猫や犬には、基本的に刺激の強いものを与えることは良くないとされています。

特にですが、野菜のなかのネギ類は絶対にあげてはいけない食材になります。




ネギ類と言いますと、

 

*たまねぎ
*長ネギ
*ニラ
*ワケギ
*らっきょう
*アサツキ
*ニンニク

などですね。

 

ネギ類に含まれている「アリルプロピルジスフィド」の成分は、血中の「ヘモグロビン」を酸化させます。そして、赤血球の中に、ヘモグロビンの不溶性生産物を生み出してしまいます。

 

これらが原因で、赤血球が壊されてしまい、溶血性貧血の原因となります。

 

さらには、血液を製造してくれる「骨髄」の働きにも悪い影響を与えかねませんので、絶対に避けるようにしてください。

 

ネギ中毒にかかると深刻な病気にかかってしまいます。少量なら大丈夫かなということは絶対にありませんので、くれぐれもご注意ください。

 

また、猫ちゃんの場合、昔から写真やアニメでありますとおり、魚介類を好み食べるイメージがありますが、与え方に注意が必要なものがあります。

 

 

イカやタコは消化が悪い上に、コレステロールも高いので、与えるのは避けるのが良いです。

 

仮にあげる場合は必ず「加熱」してから与えてください。

 

加熱しないで与えてしまうと「チアミナーゼ」が悪さをして「急性ビタミンB1欠乏症」を起こしてしまう危険があるからです。




 

その他の魚介類で注意したいのは「青魚」「アワビ」です。

 

「アワビ」は絶対に与えないほうがいいものになりますが、青魚の場合は、ほんの少しの少量であれば問題はありません。しかし、出来れば避けるほうが無難といえるでしょう。

 

また、魚や肉のも消化器官を傷つけてしまう恐れがありますので、綺麗に取り除いてから食べさせてあげるようにしてください。

 

猫ちゃんが好んで食べそうなかまぼこなどの「練り物」類は、添加物の問題を考えると、できたら避けたい食材です。

加熱したら平気なものとしては、「卵の白身」「豚肉」などですね。

 

人が飲む牛乳などの乳製品も危険度が高いので、食べさせてあげたい場合は、ペット専用のものを購入するのが良いです。

 

まさかとは思いますが、味付けや隠し味を良かれと思いあげるのも良くないとされています。例えばチョコレート、ココア、レーズンなどです。

 

香辛料や塩分の強いもの同様、すべて猫ちゃんにとっては「刺激物」となり、健康を損ないかねません。

 

手作りご飯は愛情がこもっていて良いですが、あなたの可愛い猫ちゃんが元気で末永く暮らしていけるように、上記にあげた食材は避けるようにしてください。

手作りご飯に自信がない方は、やはり安全なキャットフードを考えるのが良いでしょう。

 

安全なキャットフードのランキングについてはこちらを参考にしてください。